株式会社大栄測量では、お客様のお役に立てる会社として技術革新と技術者のスキルアップに日々努めています。遊休地の有効利用・調査測量など土地や建物に関することならどんなことでもご相談ください。

業務内容

表題登記の流れ

  1. お客様からの表題登記のご依頼
  2. 登記名義人の確認
    ※登記名義人を確認するための資料が必要
  3. 管轄法務局にて所在地番・隣接地番・敷地形状等の調査(事前調査)
  4. 現地調査・測量
  5. 申請書類作成・面図等作成
  6. 管轄法務局に申請
  7. 登記完了証の受領

土地の登記内容

土地の登記内容

土地表題登記

公有水面(海・湖など)を埋め立てるなど新たに土地が生じた場合又は、国有地である無地番の道水路を払い下げたりするときに行う登記です。

土地分筆登記

登記簿上に登記されている一筆の土地を分割して二筆またはそれ以上に分ける登記です。

土地合筆登記

分筆登記の逆で、複数筆の土地を合併して一筆にする登記です。
※土地の地目、所有者、抵当権など内容が同じではないと登記をすることはできません。

土地地目変更登記

一例として畑を造成して家を建てた場合など、土地の地目(利用状況)が変わったときにする登記です。

土地地積更正登記

登記されている面積と、実際の面積が異なる場合に、登記記録を実際の面積に修正する登記です。分筆登記に伴って行われることもあります。

地図訂正の申出

登記所に備えられている不動産登記法第14条地図又は公図に誤りがある場合に訂正する手続きです。